だったらもうやめれば良いのに・・・ケガしながら続けるサッカー

私は年の差カップルで、彼は今年41歳になります。
かなりのスポーツマンで、小さい頃からずっとサッカーを続けていて、高校ではハンドボールに転向し県選抜チームに選ばれました。その後社会人になったのを機に再び社会人チームでサッカーをしています。
(私が出会った時にはもうサッカーしかしていなかったので、過去の活躍は聞いただけですが。)

でもスポーツマンなのに体のケアが割と手抜きな感じで、高校のハンドボール時代にすでに足首を故障しています。またサッカーを再開してからは膝、仕事の影響で腰もすっかりやられています。

なのにサッカーはいまだやめられないみたいで、試合の翌日は足をひきずりながら会社に行っています。
いや、サッカーを続けるのは良いんですよ。でもやるからには、そろそろ体もちゃんとケアしなきゃいけないと思います。このままでは本っ当に、近い将来下半身が動かなくなるんじゃないかと心配しています。

特に膝は、時々思い出したようにマッサージや針治療をしているのですが、結局試合で無理に動かしてそのままにしているので、一向に効果は現れません。(それじゃ治療代ももったいないと思うのですが、多分施術しただけで満足してしまうんでしょうね。)
足首だって本来は手術しても良いくらいなのに、無理してサッカーを続けるんです。

当然何回言っても聞きませんね。「サッカーやめたら死んだと同じだ!」って言ってますけど、サッカーやめる前に死んじゃうよって思います(笑)
無理してるので当然試合でも良いパフォーマンスが出来なくていつも反省ばかりしているのに、それでも体のケアをする気無し。
せめて普段からトレーニングをこまめにやっていれば、試合に出ても急激な負担にならなくて済むと言っているのに、普段のトレーニングをする気も無し。
好きな事をやるのは全然良いんですけど・・・今後の生活を考えると、もっと体を大事にすれば良いのにな。pairsってサクラどうなの?