方針を変えさせられたコミックは意外といくつかあるものです。

わたしが幾分を変えさせられたは「椎名君の生物百科」という漫画だ。
舞台は動物学者を目差す若者たちが集う山裾キャンパス理学部。中心人パブリックはそっちの助教です椎名了だ。その椎名と周りに要る准指令たち、そしてアニマルがもたらす笑劇チックなほのぼの動物漫画だ。標記経路動物がしている時メンタルとなった漫画だ。
こういう品物にハマった理由はアニマルがリアルで美しい。しかも各々のアニマルの魅力などがきちんと分かり易く描かれていて、難しい動物図鑑を読んでいるよりもこちらを読んでいる方が何ダブルも明るいだ。またそのアニマルを世話やる中心人パブリックたちも個性豊かで、笑える位置の多い品物でそっちも楽しいところです。
わたくし、ペットを飼っているので品物に機嫌移入しやすく、また品物もそれぞれの動物を育て上げるときの難題を取り、問題解決企ても見せ、動物を大切にしていこうという胸中を激しく押し出しているので、とても意気投合が持て今も続けて読んでいる。
こういう品物を読んで飼っておるペットのことをもっと大事にしていこうと思えたし、ペット以外の動物にも期待を持ったり、近頃ぶつかって要る難題にも目を通すようになりました。
そこまで堅苦しすぎずに気軽に読める「椎名君の生物百科」ですが、読めば自分の動物への価値観が大きく変わって赴き、アニマルへの接し方もアイデアさられる品物だ。

http://xn--t8j4aa4n5fsmreo308a1r9a.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です