小学校のときに影響を受けたマンガはずっと記憶に残るものです。

小学3年生のときに研修替えをし、そこで仲良くなった気の知れた友人が聖闘士星矢のマンガを持っていました。
聞くと夕方から漫画で再プログラムやるよという現象だったので、戯画を貰うより素早く知れると思い走って家に帰ったのを覚えています。
TVをつけると、そこには男前な手法が多数出ていました。
あんなシック手法たちが命をかけて闘う姿勢は、当時の私の心に可笑しいくらい成功しました。
特にヒットしたのはドラゴン紫龍という、ロンヘアーの少年でした。
当時初々しい女の人に大人気持ちだった人物らしく、私もそれに華やか惚れこんでしまったわけです。
それから一年中再プログラムの時間に間にあうように走って学院から帰って来ました。
とにかく紫龍が観たい!その一心で9才だったこちらはがんばって居残りしなくて済むように研究をがんばったり、学校行事を速く済ませていました。
近年思えば恥ずかしながら初恋だったのかもしれません。
しかし回がすすむにつれ、だんだんと好きな手法が変わっていくのも小学校。
聖闘士星矢が締めくくる頃には黄金聖闘士のことが好きになっていました。
この頃の熱は今でも冷めておらず、時々DVDなどを観てはしゃいでいます。
相応しい影響を受けたなと思いながら兄妹や気の知れた友人に勧めています。それくらいオススメスポットで影響を受けた漫画でした。

http://xn--q9js33axa4a7c.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です